(仮称)ナミックス・テクノコア

ナミックス+山本理顕設計工場

(仮称)ナミックス・テクノコア

2008年04月23日

vol.33:発射準備OK?

DSCN0105.JPG

砲門ではありません。




























DSCN0104.JPG

ロケットでもありません。




























DSCN0100.JPG

人工衛星でもありません。






























DSCN0109.JPG

今日は、富山にて鉄骨の製品検査でした。
M2階の鉄骨がほぼ出来上がっている状態。
検査対象は、ダイヤフラムの付いた柱と大梁です。


前回の中間検査時の指摘項目の是正も終わり、
鋳鋼部分はM.I.O塗装まで済んでいました。
(M.I.O=エポキシ樹脂雲母状酸化鉄塗料。グレーの部分です。)
あとは、鋳鋼以外の部分に錆止め塗装を行えば
工場より搬出準備OK!
現場に届くのを待つだけです。

5月の3週目には建て方が始まる予定。
待ち遠しいです。

こんな形状のものがどうやって建っていくのか不思議ですよね。
でも、まだ教えてあげませぬ。

あと3週間おまちくださいませ。










posted by 土岐 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 土岐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

vol.31:横浜では・・・

みなとみらい.jpg
現場から約370km離れた本社では、毎日こんな夜景ながめています。

でも、遊んでいるわけではありませぬ。




日々、模型を用いながら詳細な検討を続けているのです。




今日は私たちの検討作業には欠かすことのできない、

横浜で活躍している模型たちを紹介します。

集合写真1.jpg
1/300の模型から1/10の模型までさまざまです。

集合写真2.jpg
1/100模型と1/50模型は一見似ていますが・・・




1/100模型は敷地全体を含めた外観のチェックに、

1/50模型は内部全体のチェックに使っています。




1-50模型.jpg
屋根をとるとこの通り。

壁位置や家具、備品のレイアウトを検討、確認するのです。



1/50ではスケールが小さくて検討し難い箇所に関しては、

もっとスケールの大きな部分模型が必要になります。



おっきな子たち勢揃い!

集合写真3.jpg

この子達は階段や昇降路廻り、仕上げの取り合い部分の検討、確認につかっています。
階段検討用.jpg
壁天井.jpg

検討箇所によっては原寸模型での確認も行っていますが、本日は紹介できません。



また、仲間が増えましたらご紹介したいと思います。



では、では。













posted by 土岐 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 土岐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。