(仮称)ナミックス・テクノコア

ナミックス+山本理顕設計工場

(仮称)ナミックス・テクノコア

2009年03月17日

vol.83:雑誌掲載

本日発売の建築技術に掲載された。


建築技術.jpg


豊富なグラビアページに加え、意匠・構造・設備・法規・施工・照明デザイン・カーテンのデザインの詳細も分かる特集号。
本ブログの再編ページは、現場監理に関わった設計スタッフが、検討や決定のプロセスについて思いを綴った力作だ。
是非ご覧下さい。


永らくご愛読いただいた本ブログですが、
今日を以て終了致します。
もっと知りたい!という方は、是非「建築技術」をご覧下さい。
ありがとうございました。
posted by yoshii at 14:53| Comment(46) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

vol.82:雑誌掲載

本日発売の日経アーキテクチュアに掲載された。
使い手のインタビューが盛込まれた記事だ。

h_NA0894.jpg
posted by yoshii at 10:22| Comment(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

vol.81:RYスケッチ

RYスケッチのご紹介。
現在いくつか雑誌掲載の準備をしており、
これはその為に今回新たに描かれたもの。

090130_RYsketch2-2.jpg

建築のコンセプトが明快に見える。
posted by yoshii at 12:45| Comment(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

vol.80:ケーキ

事務所スタッフが、竣工・雑誌掲載を祝してケーキを手作りしてくれた。

DSCN4698.JPG



ディテールが見えづらいが、キノコ上部はマシュマロ、下部鋳鋼はマジパンで表現。
1階はフルーツケーキ。その上部屋上庭園のウッドチップはココアパウダー、芝は抹茶パウダー。
屋上庭園植栽のマテバシイはご存知きのこの山とたけのこの里。

DSCN4700.JPG



みんなでおいしくいただきました。

DSCN4704.JPG
posted by yoshii at 18:11| Comment(2) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

vol.77:竣工式典

2008年10月30日竣工。


10/30には神事が執り行われた。

s-IMG_6336.jpg


10/31は見学会。何百人もの来客があった。

s-IMG_6374.jpg

s-IMG_6367.jpg


見学のルートには企業理念や社史などの壁面展示が設けられている。

s-IMG_6359.jpg

s-IMG_6362.jpg

s-IMG_6396.jpg

s-IMG_6403.jpg


見学会の際、検討用に制作した模型を展示した。
これら模型で検討した空間が今目の前に実現している。
感慨深い。

s-IMG_6378.jpg

s-IMG_6385.jpg

s-IMG_6413.jpg

s-IMG_6412.jpg

s-IMG_6415.jpg
posted by yoshii at 22:03| Comment(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

vol.76:カーテン、備品、サイン、照明

エントランス廻りの備品が搬入された。

s-IMG_6315.jpg


黒い応接室。

s-IMG_6291.jpg


白い応接室。

s-IMG_6293.jpg





エントランスの絵画。

s-DSCN4251.jpg




カーテンの取付け。

s-IMG_6313.jpg


カーテンは特殊な織物・縫製の、うっすら優しく格子柄・モアレが見える布。

s-R0018447.jpg




サイン取付も最終段階。
s-IMGP0911.jpg

s-R0018255.jpg





照明のセード・会議室のシームレス蛍光灯も取付け完了。
宙に浮いた光が美しい。

s-IMG_6325.jpg

s-R0018442.jpg

s-R0018443.jpg

s-IMG_6333.jpg
posted by yoshii at 23:36| Comment(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

vol.73:メインエントランスサイン

メインエントランスのサインが設置された。
美しい姿だ。

IMG_5501.jpg

R0017934.jpg



敷地に入って来る時だけではなく、建物から出た時にもサインが見えるようになっている。

R0017946.jpg




ライトアップされた姿も格別だ。

R0017950.jpg



posted by yoshii at 18:22| Comment(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

vol.72:エントランス照明

エントランス廻り及び1階外観。

s-IMG_5382.JPG

s-IMG_5449.JPG

s-IMG_5454.JPG

s-IMG_5458.JPG

s-IMG_5480.JPG



M2階。

s-IMG_5433.JPG

s-IMG_5460.JPG

s-画像 049.jpg
posted by yoshii at 00:35| Comment(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

vol.71:カーペット

カーペットはオリジナルデザイン。
基本的に模様は1つだが、それを0度、90度、180度、270度、と回転して並べても模様の線が連続するように計算されている。
1つの模様なのに、並べた時に、パターンの連続ではなく、変化のある模様が浮かび出る。

施工前に、回転の効果がどのくらいあるのか実験した。
すべて同じ向きで並べた場合、0度と90度に回転したカーペットを千鳥に配置した場合、0度と90度に回転したカーペットをランダムに配置した場合、そして0度、90度、180度、270度に回転したカーペットをランダムに配置した場合の4通り。
結果は一目瞭然(だと思った)。

s-R0017823.jpg

s-R0017824.jpg

s-R0017825.jpg

s-R0017826.jpgs-DSCN3598.JPG



ランダムに回転したカーペットを貼ってもきれいに線がつながるのは職人技。

s-IMG_5375.JPG



posted by yoshii at 00:29| Comment(1) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

vol.70:北側外構

北側のアスファルト舗装。

R0017669.JPG

R0017667.JPG

緑化ブロック。

R0017666.JPG

マツの影。

R0017658.JPG

クローバーの芽生え。

R0017655.JPG





2Fではスモーキングエリアのカウンターが取り付いた。

2R0017632.JPG

薄い。

2R0017642.jpg





オフィスの床。

2R0017688.JPG

2R0017689.JPG





会議室ゾーンの壁。

2R0017686.JPG
posted by yoshii at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

vol.69:高木

今日の全景。

0R0017428.JPG




1Fエントランス廻りにガラスが入り始めた。

1IMG_4810.JPG


1Fマルチファンクションプラザのスロープ。

1IMG_4813.JPG


同上ステージ。

1IMG_4889.JPG


塗装の終わった廊下で備品の色を最終確認。
右端の椅子が採用された。

1R0017378.JPG





M2Fは日のあたるところは芝、あたらないところはウッドチップ仕上げ。

mIMG_4821.JPG


ウッドチップは歩行感が柔らかくて気持ちが良い。

mIMG_4838.JPG


高木マテバシイ。

mR0017422.JPG


照明点灯実験。

mIMG_4877.JPG





2F。

2R0017349.JPG


コンクリート部分には防塵塗装、梁には断熱塗料を塗布。

2R0017320.JPG


その上にOAフロアを敷く。

2IMG_4904.JPG
posted by yoshii at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

vol.68:植栽開始

エントランスの姿が見えて来た。

0IMG_4622-1.jpg


今日から中庭のタマリュウ植栽開始。白と緑のコントラストが美しい。

1DSCN3075.JPG


夜の中庭は幻想的。

1IMG_4496.JPG


1階は照明設置や家具工事が進む。

1画像 088.jpg

1画像 089.jpg

1R0016595-1.jpg


M2階は手摺、植栽ポットの取付が進む。

mR0016848.JPG

mIMG_4676.JPG

mDSCN3037.JPG


2階のキノコは独立であったり、様々な形で壁と出会ったりする。

2R0016817.JPG

2R0016825.JPG

2R0016680.JPG


夜、近隣のサインの光で照らされた不思議な光景。

2IMG_4529.JPG
posted by yoshii at 04:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

vol.66:各種仕上げ

同時多発的に各種仕上げが進む。


1階実験室。照明等設備も完成。

1_IMG_3906.JPG



セキュリティ用のスタンド。

1_IMG_4230.JPG



1階ホール(マルチファンクションプラザ)の照明工事。

1_R0016467.JPG



M2階のニョロニョロ(庭園灯)。

m_R0016501.JPG



今日からM2F階屋上庭園の張り芝開始。

m_R0016527.JPG



2階会議室ゾーンの間仕切り壁。

2_IMG_3999.JPG



2階食堂のカウンター。

2_R0016466.JPG



足場がなくなると空間の伸びやかさがとてもよく分かる。

2_IMG_4320.JPG

2_IMG_4304.JPG



外構工事。

0_IMG_4229.JPG



室外機。

0_R0016449.JPG



外観は非常に滑らかだ。

3_IMG_4292.JPG
posted by yoshii at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

vol.65:防水

2Fは白い砂のついた改質アスファルトシート防水。

IMG_3936.JPG

防水シートはフランス製。

R0016280.JPG

断熱材の上に防水する。

R0016277.JPG












M2Fはグレーのシート防水。
こちらのシートは日本製。

R0015772.JPG

防水の上に断熱材・排水用管等を配置し、
R0016243.JPG

ついに今日、最初の客土が入った。

R0016291.JPG
posted by yoshii at 02:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

vol.58:上棟

2Fでは昨日全ての鉄骨部材が取り付けられ、上棟した。

DSCN1918.JPG

デッキの施工も進んでいる。

DSCN1917.jpg


M2Fではキノコボード仕上げが始まった。

DSCN1928.JPG

間仕切り壁下地も開始。

DSCN1920.JPG

posted by yoshii at 03:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

vol.57:進捗状況

1階では内装工事が進む。
IMG_3120.JPG

R0015584.JPG

M2階ではキノコの下地が進む。
IMG_3099.JPG

2階では建方が進み、R階のデッキ敷きも始まった。
R0015538.JPG

良い天気が続いている。
posted by yoshii at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

vol.56:2F鉄骨建方3

ブルーシートが外された状態。
IMG_3020.JPG

R0015442.JPG


屋根部分の梁は複雑な形状だ。
R0015437.JPG

R0015439.JPG


何度見ても、細い。
IMG_3021.JPG
posted by yoshii at 03:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

vol.55:2F鉄骨建方2

梁の取付も進む。
R0015427.JPG

R0015422.JPG

ウレタン吹付けのためのブルーシートに阻まれ見えにくいが、
キノコが2段になると随分な高さになる。
R0015424.JPG

ブルーシートの間に注目。2段になった鋳鋼キノコが見える。
R0015430.JPG
posted by yoshii at 19:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

vol.54:2F鉄骨建方1

2F鉄骨の建方が始まった。

R0015299.JPG

キノコ柱は鉄骨部材に取り付けられた金物で吊られ、移動する。
R0015292.JPG

R0015307.JPG

2Fのキノコは、やはり、細い。
R0015322.JPG

R0015329.JPG

R0015333.JPG
posted by yoshii at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

vol.50:2Fキノコ鉄骨検査

富山で2Fキノコ鉄骨の検査を行った。
このキノコはオフィスなど執務空間に現れる。
R0014777.JPG

キノコ鉄骨は、足元の鋳鋼と、
R0014758.JPG

鋼管柱に梁が取り付けられた上部から構成されている。
R0014762.jpg

組み立ては、キノコを傷つけないよう、フレームを組み、
四方から押すようにキノコを固定してから行う。
R0014761-1.JPG

キノコに触れる部分の金属には銅を使用。
銅は鉄より柔らかいので、力がかかってもキノコを傷つける事はない。
R0014751.JPG

M2Fのキノコと比べると2Fのキノコは相当スリムだ。
R0014772.JPG
posted by yoshii at 01:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。