(仮称)ナミックス・テクノコア

ナミックス+山本理顕設計工場

(仮称)ナミックス・テクノコア

2008年06月01日

vol.51:地下ピット

地上ではキノコが、地下ではピット工事が着々と進んでいる。
キノコがN2の顔であれば、地下ピットは研究所としてのクオリティを維持する為の骨格となる。

080601-9.jpg

1.ピット内へは床点検口から入る。今回は中庭に仮設で設けられた点検口からピット内へ入る。
080601-1.jpg

2.ピット内の動線は地中梁を貫通する人通口で行き来する。人通口はφ600。大人ひとりが通れる大きさ。

080601-3.jpg

080601-2.jpg

3.方向感覚がなくなるため、「北」を基準に図面で目的地を探す。
080601-5.jpg

080601-6.jpg

4.電気配管用のラック。
080601-4.jpg

5.ダクト、配管。
080601-7.jpg

ピット内工事は着々と進んでいる。
posted by ozawa at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小澤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。