(仮称)ナミックス・テクノコア

ナミックス+山本理顕設計工場

(仮称)ナミックス・テクノコア

2008年05月28日

vol.50:2Fキノコ鉄骨検査

富山で2Fキノコ鉄骨の検査を行った。
このキノコはオフィスなど執務空間に現れる。
R0014777.JPG

キノコ鉄骨は、足元の鋳鋼と、
R0014758.JPG

鋼管柱に梁が取り付けられた上部から構成されている。
R0014762.jpg

組み立ては、キノコを傷つけないよう、フレームを組み、
四方から押すようにキノコを固定してから行う。
R0014761-1.JPG

キノコに触れる部分の金属には銅を使用。
銅は鉄より柔らかいので、力がかかってもキノコを傷つける事はない。
R0014751.JPG

M2Fのキノコと比べると2Fのキノコは相当スリムだ。
R0014772.JPG
posted by yoshii at 01:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
検査お疲れさまです。
このキノコが現場に運ばれ、
2段になるのが待ち遠しいですね。
Posted by sasaki at 2008年05月29日 13:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。