(仮称)ナミックス・テクノコア

ナミックス+山本理顕設計工場

(仮称)ナミックス・テクノコア

2008年05月08日

vol.38:鉄骨階段設置

現場に横たわっていた鉄骨階段がついに設置された。
鉄骨階段は大きく3分割され現場に搬入された。
予め溶接された吊りピースにフックを架けて階段を移動。
それらを部分毎に設置し、ジョイントをボルトで繋いでいく。
各ピース毎に支保工を適宜入れ、バランスを取って設置。
すべて連結された後、大梁とボルトで固定し仮締め終了。

080508-1.jpg

080508-2.jpg

080508-3.jpg


鉄骨階段は2種類ある。
直階段と螺旋階段である。
どちらも平面形状は円弧だが段形状が異なる。

直階段は段鼻が平行となっており、途中踊り場が2箇所設置される。
半径が大きいため、水平への伸びが強調されて、男性らしいドッシリした出で立ち。
080508-4.jpg

逆に螺旋階段は上層階へのつながりが滑らかに見え、女性らしい優雅な出で立ちだ。
080508-5.jpg

本日鉄骨階段の仮締めが全て終わり、明日から溶接・本締めを行う。
posted by ozawa at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小澤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。