(仮称)ナミックス・テクノコア

ナミックス+山本理顕設計工場

(仮称)ナミックス・テクノコア

2008年05月03日

vol.37:1/50キノコ打設

1/50模型用のキノコを石膏で制作している。
01.jpg

02.jpg










材料の分量を正確に計測する。
03.jpg

04.jpg

石膏と水を混ぜて、
05.jpg

よく撹拌する。
06.jpg

シリコンで作った型に、
07.jpg

剥離剤を塗り乾燥させる。
08.jpg

まずはキノコの足元の細い部分にのみ石膏を流し込む。
09.jpg

10.jpg

打設後バイブレーターで(爪楊枝で)よくかき混ぜる。
ただしバイブレーターのかけ過ぎもジャンカの原因になるので注意する。
11.jpg

石膏が型全体に回るように、よくたたく。
12.jpg

続いてキノコ全体を打設する。
迅速に施工し、コールドジョイントの発生を防ぐ。
13.jpg

14.jpg

打設後さらによくたたく。
15.jpg

打設完了。
16.jpg

半日以上養生し、強度発現を待つ。
17.jpg










強度発現が確認されたら脱型を行う。
18.jpg

シリコンに切れ目を入れ、キノコを取り出す。
19.jpg

20.jpg

脱型完了。表面が粗いが、仕上げは次工程で行う。
21.jpg










美しさ・強度を実現するこの工法、工期には難がある。
工程表を見ても最近は遅延気味だ。
22.jpg

職人さん、工期遵守でお願いします。
posted by yoshii at 02:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おつかれさまです。
シリコンの型枠はどうやってつくるのですか?
型枠は何回くらい転用できるのですか?
Posted by 西田 at 2008年05月03日 12:33
お疲れ様です。
最近すごく天気がいい。
ずっと晴れたままでいてほしいものですね。
石膏キノコ、現場で本物が立ち上がる前にできるよう応援しています。
現場であのキノコが立ち並ぶ姿を想像すると期待に胸が膨らみます。
Posted by わたなべ at 2008年05月04日 02:01
シリコンの型枠は、スタイロで作ったキノコを雌型として作ります。
シリコンは耐久性があるので、2、3ヶ月は問題なく保存でき、10回近く転用しても問題ありません。
型枠を転用する際は、きれいにケレン(ティッシュ)清掃をします。
(他の材料も試しましたが、安い材料で作ると型枠が痩せて来るので、結局はコストパフォーマンスは良くありませんでした。)

今日も現場は晴れです。
Posted by 芳井 at 2008年05月06日 08:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。