(仮称)ナミックス・テクノコア

ナミックス+山本理顕設計工場

(仮称)ナミックス・テクノコア

2008年03月26日

vol.26:M2Fキノコ鉄骨検査

M2階の鉄骨も工場で着々と製作が進んでいる。
今日は富山でキノコ鉄骨の中間検査を行った。
R0013397-1.jpg

工作・組み立て状況、高力ボルト、溶接の検査に加えて超音波探傷検査を行った。
R0013392.jpg
内部に空洞や傷があると画面内緑色のレーダーが大きくぶれるが、
検査の結果、
非破壊検査技術者と構造設計者とで傷のない事を確認した。
R0013390.jpg

構造の要となる鋳鋼足元がきちんと養生されていることも確認。
R0013333.jpg

キノコ鉄骨梁は圧倒的な存在感。
こんなマッシブな鉄骨が、猛烈に華奢な鋳鋼の足元に支えられている。
不思議で奇麗な構造だ。
R0013336.jpg
R0013384.jpg
R0013351.jpg
posted by yoshii at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何かロケットのようですね。
Posted by ニシクラ at 2008年04月01日 20:51
ロケットのようでもあり、上から見るとひまわりのようでもあります。
Posted by 芳井 at 2008年04月01日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。