(仮称)ナミックス・テクノコア

ナミックス+山本理顕設計工場

(仮称)ナミックス・テクノコア

2008年02月28日

vol.18:1階鉄骨製品検査

1階鉄骨製品検査の報告です。

1.角柱
080228_1.gif

2.丸柱
080228_2.gif

3.梁
080228_3.gif

1階鉄骨は約7割の大組立が終了。
順調に鉄骨の製作が行われている。
超音波探傷試験、外観検査を行った。

下の写真は機械溶接と手溶接のビードの形状。
機械溶接と人の手による溶接では全く同じ部位の溶接でもビード形状が異なる。機械溶接の場合、溶接個所を回しながら溶接するため角部も連続して溶接ができる。手溶接の場合、体勢を変えながら溶接を施すために角部に溶接の始端と終端ができる。比べてみると違いが良くわかる。

4.機械溶接ビード
080228_8.gif

5.手溶接ビード
080228_7.gif

鉄骨梁貫通個所を見つける。
ふと目を凝らすと梁貫通補強の形状が丸と四角。
梁貫通の径の大きさが異なるため、梁貫通補強方法も異なる。

6.梁貫通補強
080228_5.gif

いよいよ来月下旬現場にやってくる。
posted by ozawa at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小澤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。