(仮称)ナミックス・テクノコア

ナミックス+山本理顕設計工場

(仮称)ナミックス・テクノコア

2008年02月02日

vol.10:鋳鋼製品検査(2階キノコ部材)

1月25日に高崎で鋳鋼(2階キノコ部材)の製品検査があった。
鋳放しの状態から機械加工(削り出し)され、ついに実際の形状を目にする事ができた。
鋳鋼製品検査1.gif

2階のすべてのキノコ部材についてすでに機械により製品検査されており、
そのうちの2個を今回実測する。
はじめに、ノギスやゲージを用いて実測を行う。
この部材は塗装はするものの、
竣工時にこの形状がありのまま見えてくるものであるため高い精度が求められる。

鋳鋼製品検査4.gif鋳鋼製品検査3.gif鋳鋼製品検査2.gif


下の写真は超音波探傷試験の様子である。
鋳鋼内部にも全く欠陥はなく精度の高さが示された。

超音波探傷試験.gif


最後は、浸透探傷試験の様子である。
赤色の浸透液を検査部分に塗り数分待ちふき取る。
その後乾燥式現像液を吹きかけると、傷がある部分には浸透液の赤色が浮きでてくる。
目に見えない傷を探し出すことができる検査方法である。
この検査においても傷というものはなく本当に精度の高さを実感するものであった。

浸透探傷試験.gif浸透探傷試験溶剤.gif

今回機械加工を行った工場では、
精密な部品(車のエンジン部分も作られていた。)
の削り出しといった仕事が多いということで精度はmm単位ではなくμ単位である。

理想の形状に一歩一歩近づいてきている。
posted by sasaki at 14:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 佐々木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
塗装はしないのですよね?

現場の杭打ち状況はアップなしですか?
Posted by ニシクラ at 2008年02月04日 12:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82048202
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。