(仮称)ナミックス・テクノコア

ナミックス+山本理顕設計工場

(仮称)ナミックス・テクノコア

2008年02月02日

vol.9:1F鉄骨組立検査

1/31、鉄骨製作工場へ1F鉄骨組立検査を行ってきました。

080131_01.jpg
検査項目としては組立精度、溶接部の開先精度確認、溶接の確認、外観検査、材質確認(サムスチールチェッカーにて)、超音波探傷検査の立会、テープ合わせの立会などです。

080131_02.jpg
パネルゾーンと呼ばれる柱と梁の接合部は複雑な形状、開先加工が必要です。溶接をするとその辺りが見えなくなる為、その前に検査を行います。

080131_03.jpg
接合部は溶接で、昔は一部材一部材、職人さんが手溶接していたそうですが、現在では精度、スピード、コスト面から機械溶接が主となっています。そして全部材の全溶接箇所において溶接部の欠陥がないか調べる為に超音波深傷検査と言う非破壊検査を行うのですが、機械溶接部においては欠陥はほぼ出ないとのことです。それでも機械ではできない細かい溶接部も沢山あるので、職人さんの技術は今も昔も不可欠ではあります。

080131_04.jpg
また鋳鋼下の球座ピースが搬入していました。この建築において、構造の肝となるのがキノコの柱脚部であり、ピン接合になっています。この球座ピースの上にキノコが載り、モーメントはキャンセルされます。結果、キノコの足下の径を驚愕の細さで実現させています。合体するのは現場で5月頃を予定していますが、その瞬間が待ち遠しくなりました。
posted by horikawa at 10:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 堀川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
製品検査でキノコ鋳鋼部分を見てきましたが、
それが上の写真の球座ピースの上にのるんですね。
鋳鋼製品検査ではキノコが横になっていたので、建った状態を早くみてみたいです。

Posted by sasaki at 2008年02月02日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。