(仮称)ナミックス・テクノコア

ナミックス+山本理顕設計工場

(仮称)ナミックス・テクノコア

2008年11月14日

vol.78:NTC引越し

本格的にNTCの引越作業が始まった。

1階は実験機器が入り、調整が行われている。

DSCN4438.JPG

2階はオフィスはグリッドシェルフ、オフィスデスクが設置された。

DSCN4445.JPG

そして、本日からオフィスデスクに取り付けられるタスクライトの施行が行われている。

DSCN4441.JPG

オフィスはタスク・アンビエント照明方式で、
デスクにおける局所照明(タスク照明)と照度を低くした環境照明(アンビエント照明)を組み合わせた全般照明。
グリッドシェルフに設置されるポールライトで全般照明(アンビエント照明)を行い、タスクライトで作業照明を行っている。
特に局所的に高照度が必要な場合や、在席者が少ない場合には、タスク・アンビエント照明を用いると省エネルギー効果は高い。
一般的に全般照明方式とタスク・アンビエント照明方式の消費電力を比較すると、在席率が50%の場合、40〜45%の省エネが図れるとされている。

タスクライト
DSCN4442.JPG

ポールライト
DSCN4390.JPG

食堂はポールライトを各テーブルに設置し、
ポールライトはプリーツ加工を施した布セードとした。

DSCN4440.JPG

DSCN4425.JPG
posted by ozawa at 10:57| Comment(0) | 小澤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。