(仮称)ナミックス・テクノコア

ナミックス+山本理顕設計工場

(仮称)ナミックス・テクノコア

2008年10月10日

vol.71:カーペット

カーペットはオリジナルデザイン。
基本的に模様は1つだが、それを0度、90度、180度、270度、と回転して並べても模様の線が連続するように計算されている。
1つの模様なのに、並べた時に、パターンの連続ではなく、変化のある模様が浮かび出る。

施工前に、回転の効果がどのくらいあるのか実験した。
すべて同じ向きで並べた場合、0度と90度に回転したカーペットを千鳥に配置した場合、0度と90度に回転したカーペットをランダムに配置した場合、そして0度、90度、180度、270度に回転したカーペットをランダムに配置した場合の4通り。
結果は一目瞭然(だと思った)。

s-R0017823.jpg

s-R0017824.jpg

s-R0017825.jpg

s-R0017826.jpgs-DSCN3598.JPG



ランダムに回転したカーペットを貼ってもきれいに線がつながるのは職人技。

s-IMG_5375.JPG



posted by yoshii at 00:29| Comment(1) | 芳井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、住商インテリアの田口と申します。貴社デザインのタイルカーペットの独創性と普遍性に感銘いたしました。
実際にプリントしたメーカーは、どちらになりますか?
近年に日本では、プリントカーペットの需要が少ないのですが、このようなデザインによってよりプリントの良さをお客様に提案することが可能と思われます。

私自身、建築が全てオリジナルであるように
いち部材でありながらカーペットも建築や意匠との融合により可能な限りオリジナルカラーやパターンであるべきと考えています。

ありがとうございます。
Posted by 田口 圭 at 2009年04月28日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。